† Nocturne †

not link free.
名言集.com





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





フルーツブルワリー

先日、相棒と買物に出た時に「フルーツブルワリー」を買ってみた。
CMでやってる、ビール+フルーツと云う酒だ。
購入したのは緑の缶のアップルの方。

…スマンが俺は普通のビールの方が良い。(汗)
ビールと云うよりスパークリングワインと云うか、シードルの様な味。


人によって味覚は変わって行くだろうがね。
後で飲んだ「とれたてホップ一番搾り」の方が美味く感じた。
posted by duke 06:20comments(0)trackbacks(0)





今更乍らに、

酒の恐ろしさを知る。

自分が酔わない人間だから気にもして居なかったが。
精々睡魔が降りて来る程度なんでね。

人の性格変える、一番てっとり早い方法かもな。(笑)
posted by duke 14:52comments(0)trackbacks(0)







以前の俺は酒を飲めば二日酔いを起してた。

元々酒は好きじゃ無かった。
付き合いで居酒屋等へ足を運ぶ時も、ずっとノンアルコールで済ませてた。
「なんでこんな苦いもの、皆美味しそうに飲んでるんだろう。」
当時の俺は、不思議で堪らなかった。
ビールなんか運ばれて来たら、其の匂いだけで眉根を寄せていた。
日本酒も然り。
だから俺のグラスは何時もジュース、主にコーラだった。 後、烏龍茶。
「酒なんか要らない。」 …そう思っていた。

だが、周りの環境で舌も体質も変わるもので…
ずっと前から酒が強い今の俺が居る訳じゃ無い。
俺の周りには酒の強い奴、味の分る奴が多過ぎた。
一人暮らしの友の家、出されるものと云えば酒だったところも有る。
気管が焼け付く程のアルコールを平気で飲んでる奴も居た。
今、生活を共にしている相棒も同じ。
こいつも体調が良ければ日本酒一升瓶の半分くらい、1人で軽く飲んじまう。

何時からだろう…、あんな苦くて不味いと思っていたビールが、美味いと思い始めたのは。
今年の祭りで、ビールを飲まなかった時は無かった。
家が町中に近い所為で可成りの数の祭りに行ったが、ずっと飲んでた気がするな。(笑)
小樽の地ビールとか。
会場のステージ上で何かしてるのに、相棒と2人で飲んでばっかりだった時も有る。

昨夜弟ヴェルシアに、何やら俺は一升瓶を抱えてそうなイメージだと、そう云われた。
最近は飲んで無かったのだが。(笑)
以前の俺なら莫迦みたく飲んで、次の日は二日酔い。
あの時は、にごり酒、焼酎… 4、5種類くらいの酒を用意し、可成りの量を飲み干した。
飲んでる時は極楽なんだ…、恐ろしきは其の後に来る地獄の様な苦しさよ。
本当に辛いと飯が喉を通らん、…そんな時も有った。 襲い来る嘔吐感。
食欲が有るのに食えんと云うのは本当にキツい、食いたいのに食えなくて、泣く泣く飯を残した事も有る。
あれからかな、莫迦な飲み方をしなく成ったのは。
上手く飲まんと酒の味云々の前に身体に負担掛かるんだよ、空腹時でのアルコールなんざ言語道断。
まぁ俺の場合は親も酒に強かったからな… 過去に酒を思い切り飲みまくって、最後にラーメンなんて事、結構有った。
其れを云ったら相棒に「親父臭い」とか云われ。(苦)
でも空腹で眠るより、二日酔い率減るのだよ俺の場合は。

あと以前に「アルコール体質判定パッチ」成る物を購入した事も有った。
肌に貼れば直ぐに分ると云う優れもの。
色が赤く成れば成る程、アルコールに弱いと云う事に成る。
其れを相棒と2人でやった時も、彼奴のは薄らと赤く染まって行くのに対し、俺のは全然色が変わらなくて2人静かに笑った事も有った。
あの時は信じて無かったが今の自分を見ると、パッチの結果は満更嘘でも無かったんだなと思う。
posted by duke 14:04comments(0)trackbacks(0)





大雨

ボスと酒。
前に書いた茶座(居酒屋)で貰った焼酎の小瓶。







日中空気の入れ換えで、家の窓を全て開けていたんだが、
夕方にも成ると可成り肌寒く感じ、窓を閉めた数分後。

外、土砂降り。

しかも雷迄鳴ってやがる…
光と音の間隔があまり無いから、此れは近いかな?

如何でも良いが明日は母親が来ると云う話。
来れるのか、…こんな天気で。(汗)


夕方にユニルから酒が届いたので、雷に怯え乍らup。


左の「ひやおろし」はユニルから。
右の「立山」はリィンから。(オフの時に土産で貰った。未だ手付かず)
矢張り、俺=酒って云うイメージなんだろうか、皆。

大好きだけど。(笑)
あと、真中後に映ってるのは… 気にしない方向で。(退かない猫)
有難うな、二人とも。

しかし酒だけは絶えんな、此の家。
posted by duke 16:22comments(0)trackbacks(0)





酒が呑みたい。

実はチーズが大の苦手な俺。
ワイン好きじゃ無くて良かったなぁ…
精々食えて粉チーズ。
固形チーズはゴメンナサイ。
でも菓子のチーズ味は大好きだ。

朝早くに起きて、作業を少々。
其れから昼頃に少し仮眠したら夢の中で
チーズは美味いと真顔で云って来るガンマに腹立って目覚めました。(死)
今は夕方。
何時の間にか台風消えたな。
空には未だ雲が残ってるけど、流れる風は心地良い。
やっと窓を開けてやる事が出来る。
そして暫し惚ける事数分、…俺より確実に寝てないだろう友の事を思い乍ら。


相棒が職場から冷酒用のミニグラスを貰って来た。
2つ。
天気良く成ったら、夜、窓開けて酒を飲みたい。
焼きツブと、ビールを、とか。
塩辛と、日本酒をとか。
其れ云ったら爺臭ぇとか云われつつ。
良いんだよ、好きなんだから。


*追記*
…で、其の相棒がボーナス入ったら、特捜戦隊デカレンジャーのデカマスターの武器、ディーソードベガを買うと云い出した。
久し振りにヒットだデカレン。
そして地味に「太鼓のタシヅン」にハマる夜。
posted by duke 18:11comments(0)trackbacks(0)