† Nocturne †

not link free.
名言集.com


<< あなたと | main | もう少しだけ >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





お邪魔しました。

向こうにコメントを残さずに、こっちに書く俺。

行って来ました、今回は三重県。
ユニル本人はかなり驚いていたらしいが、前日前夜に行くってのは数日前から決めていた。
何せ今回動けるのは、たったの2泊3日。
最初の日なんて泊まるだけだ、日数にも入らん。
だから少しでも早く着けないかと、飛行機の予約をする時に既に20日の最終、夜には到着と云うのは決まっていたのだよ。(笑)
何時バラそうと思ってはいたが、こんなに良い反応が返って来るとは夢にも思わず。
真夜中だと云うのにホテルで爆笑。
焦り過ぎだ、落ち着け。否、パニックにさせたの俺だけど。(笑)
ホテルに着いたのが23時過ぎ、其れから駅前のローソンに行って飯を買い込む。
何せ飛行機搭乗前に少しサンドイッチと500mlの茶を口にしただけで、ロクに飯を食ってない。
しかし今回泊まったホテルってのが面白い。
ロフトか?二人くらい寝れるベッドの上にまたベッドが一つ。あまり広さに拘らないなら、充分三人で泊まれる部屋だった。
あと部屋の鍵は6桁の暗証番号。記憶力悪いやつはアウトかも知れんな。(笑)

次の日は伊勢へ。
前日の電話で7時過ぎ頃に迎えに行くと云う事で起きれるか正直不安だったんだが、旅先って事で気が高ぶっていたのか、目を覚ました時間は朝の5時15分。
折角セットしたが、アラームとか要らなかったな…
朝食が6時半からなので、シャワーを浴びて食堂へと向かう。
「好きなだけ取って食べてください」形式だったので遠慮なく。(笑)
こちとら朝から分厚い肉でもがっつける頑丈な胃袋を持ち合わせている。

食事を終えて部屋で少し休憩を取り、ホテルの前で少し待機。
車に乗って伊勢へと向かう。
ユニルのブログにも書いてたが、俺が伊勢に来るのは今回で二度目。
向う途中で雨に降られて心配だったけど、幸いな事に目的地は晴れていた。
微かに残っていた記憶にも軽く靄がかかり始めていたんだが、鳥居を潜り歩き始めれば靄は晴れて逆に鮮明になってくる。
結構覚えてるもんだな。
橋の下は凄い事になってたが…。(笑)どっから流れてきたんだ、あの大木。
木漏れ日が落ちる道を歩いた。
何でか知らんが俺目掛けて落ちてくる雫。
頭やら首やら肩やら背中やら、最後には歩いてるってのに左手首にまで落ちてきた。
歓迎されてるのか逆なのか。

そして向かったのはおかげ横丁。
相変わらず人の数の多い事…逸れないようにするのが精一杯ってとこか?(笑)
「すし久」で昼食。
てこね寿司やら、海老フライやらを食す。
たたずまいがまた良いな、二階に通されてそんな事を思ってた。
そして梃子摺ったのがスタンプラリー、「七にゃんの侍」。
参、六、伍、四、七、壹とスタンプを押して行き…何処を探しても見付からない『貮』。
どうしたもんかと考えていたら、隣でどっかを見つつ「あの子、貮のスタンプ押してる!どこにあるのか聞いてこようかな…」とか云い出すのが居たので取敢えず止める。
結局は全部集める事が出来た。
何となく、あそこかな?と思ってた方向だったな。

暑かったのもあり、自販機を探してジュースを買い込む。
ユニルには決まってコカコーラ。(笑)
ふと、某海賊漫画のサイボーグ男を思い出す。確かアレもコーラがエネルギー源だったな、とか。まぁ分かる人にしか分からん話だ。

買い込んだ土産をホテルへ置いて、其の足で居酒屋へ。
入口付近で見付けた串に刺さった鮎の塩焼き、…作りものかと思ったら本物だったんだな。(笑)
先ずはビールと、鮎の他にエイヒレとか北ではあまり食わん物を注文し、次には日本酒。
俺が頼んだのは「醸し人九平次」って名前の酒。
此れ、結構呑み易くてヤバいな…。(笑)
何度目かのトイレに席を立ち、戻ってきて座れば何やら膝元に光る物が。何かと思って手に取ってみれば割れたグラスが転がっていた。
一気に覚める酒。(笑)
どうやら犯人は斜め向かいに座ってるユニルらしい。
聞けば、置いていたグラスに肘鉄をかましたんだそうだ。

取敢えず「落ち着け」と云いたくなるくらいテンション急上昇中のユニル。
心配になったので家まで送り届ける事にした。

ホテルに戻る最中にあるコンビニに立ち寄って、少し食い物を買い込み、寝る前にまた少し食ってから寝た。
前日は着いたって云う連絡を彼方此方に入れてた所為で寝るの結局3時近くだったんだよな。お陰で此の日は即夢の中。
そしてまぁ、何だ…迎えに行きますとは云われてたんだが、天気も良かったし歩きたくなった。そしてユニル宅へ立ち寄れば良いか…なんて思っていたらメールが入る。
続いて電話が来る。
何やら突然の行動に、受話器の向こうで2度目のパニックを起こしてるらしい。
否、常々申し訳なく…。(笑)
疲れてはいなかったんだよ、寧ろ逆だった。
何をしようか、残った時間を如何して過ごそうか… 後悔しない様にと思うとなかなか落ち着かんものだ。
北で食べれば風邪を引きそうな大き目なかき氷を食べて、買い物に行くってんで着いて行き、其処で見たことのないカップ麺を購入。よりによってカップ麺かと云いたくなる。(笑)
でも意外に美味だったな。一瞬で食い終わったけど。(笑)

空港へ行く時間になる。
本当に楽しい時間ってのは直ぐに過ぎ去ってしまうな。
車の中で景色を見たり、喋ったり…そんな事をしていれば次第に見えてくる「セントレア」の文字。
荷物を降ろして別れを告げる。
でもまた近いうちに遊びに行くと思われる。今回も黙って近いところまで行ってたしな。(笑)
職場への土産も色々買い込み、増えまくった土産を早々に預けて空港内で夕食。和幸。
味噌カツ(ロース)を注文。
搭乗時間ギリギリまで土産屋で時間潰し。

本当に短い旅だった。
今の仕事辞めたらまた遊びに行くかね、今度は少し長期で。ホテル結構安かったし。(笑)

…で、ユニルの方は俺と別れてから如何やら続きがあるらしい。
ユニル宅→中部国際空港は問題なく行けるらしいんだが、逆となると如何も問題が発生するらしいな。(汗)
前回はウドとか云う謎の地に行ったんだったか。
あの時は、隣で「あっはっはっは!ウドだってー!」と笑い飛ばす運転手の姿が未だ脳裏に焼き付いて離れん。此方には不安と云うものが圧し掛かって来ていたと云うのに。
「大丈夫、ちゃんと着きます!」とか。何処から来るんだ其の自信。
否、此れもユニルらしいと云えばユニルらしい、のだろうか。(笑)
今回は高速乗りそびれたか…今度は何が起きるんだろうな。(生温く…)

今度からは自力で空港に向かった方が良いかも知れんと、…ちょっと考えてしまうぞ。(笑)



そして、某場所で私信されても場所が場所ゆえコメントしようがないと、此処で返しておくとしよう。(笑)
posted by duke 02:54comments(1)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 02:54 |-|-


この記事に対するコメント











あはは。
またきてねーっ!
ユニル | 2008/09/29 5:41 PM


この記事のトラックバックURL
http://duke.jugem.cc/trackback/677